--
--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 | CO:× | TB:× | --:-- 】

2005
09/17

読書力




本を読むことは大切である。
本を読むと、読解力がつき、同時にコミュニケーション力向上につながる。
また、自分をつくるために読書は必要である。1つの著者の本に偏らず、様々な人の意見を確認したり、知識を得ることによって、柔らかな頭で物事が考えられるようになる。読書を通じて色んな人に出会うことができるし、不思議な体験をあたかも自分自身がしているようになれる。これらの経験が、自分形成に役立つ。
読解力があるということは、勉強ができることより非常に大切なことである。

読書力をつける目安として、文庫100冊新書50冊程度とする。
本に慣れるためにはまず、面白くてよみやすい本から入ると良い。何十冊か読んでいくうちに、文章がある程度長く、文体も堅いものも読めるようになってくる。

子どもの時から読書経験があると良い。
子どもの読書の始まりは、親の本の読み聞かせにある。
できるだけ読み聞かせてやり、その後も子どもが読書しやすい環境にしていくようにしたい。

…と、まぁこんな感じの話だったような、、、
よし、子どもができたらちゃんと読み聞かせしてやろう

読書力/齋藤孝/岩波新書
スポンサーサイト

【  | CO:0 | TB:1 | 17:35 】

COMMENT
POST A COMMENT

















TRACKBACK

トラックバックURL
http://sweetgirl.blog12.fc2.com/tb.php/132-abbac1b0

2005
09/21

読書とかいかがです?

みなさん、本とか読んでますか?本はいいですよ。(うっとり)で、読書。俺っちは本を読むのが大好きで、今月も文庫と新書だけで10数冊読んでます。読むジャンルは文庫だ ・・・

【 とらの大学生活ブログ | Wed 13:42 】 


 TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。